日本マインドフルネス学会 第7回大会

パンデミック時代のマインドフルネス

マインドフルネスの新しい形を求めて

──臨床と研究の試行錯誤──

(幹事会企画 シンポジウム)

  • 本サイトのコンテンツの全部もしくは一部について,個人利用か否かを問わず,ダウンロード,録音,録画,複製,転載のいずれも禁止とさせていただきます。
  • 本大会のサイトのパスワードや配信コンテンツのURLを第三者に漏らすことも決して行わないようお願いいたします。

【話題提供】

アスリートに対するオンライン・マインドフルネスプログラムの実践

雨宮 怜(筑波大学)

Zoomと教示音声を活用したマインドフルネスの効果研究:スピーチ不安を対象とした実験例

石川 遥至(早稲田大学)

マインドフルネスに基づく臨床面接の実践:集団から個人へ

木甲斐 智紀(早稲田大学)

マインドフルネス実践/研究をオンラインで実施するためのTIPS

牟田 季純(早稲田大学)

【指定討論】

伊藤 義徳(琉球大学)

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 日本マインドフルネス学会 第7回大会

テーマの著者 Anders Norén