日本マインドフルネス学会 第7回大会

パンデミック時代のマインドフルネス

モラル・インジュリーとマインドフルネス

(理事会企画 小講演)

池埜 聡(関西学院大学)

COVID-19蔓延下、医療・福祉従事者は通常の道徳的な期待に添えないことで生じる傷つき、モラル・インジュリーのリスクに直面しています。

1) モラル・インジュリーとは何か

2) モラル・インジュリーへのマインドフルネスの影響

3) 医療従事者の支援を目的にしたフォーラム形式のグループワーク:Schwartz Roundsの紹介

という3部構成で、本テーマについてお話させていただきます。

  • 本サイトのコンテンツの全部もしくは一部について,個人利用か否かを問わず,ダウンロード,録音,録画,複製,転載のいずれも禁止とさせていただきます。
  • 本大会のサイトのパスワードや配信コンテンツのURLを第三者に漏らすことも決して行わないようお願いいたします。

【講演者・自己紹介】

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 日本マインドフルネス学会 第7回大会

テーマの著者 Anders Norén